いつも空いている駅前のラーメン屋さんは大丈夫だろうか

最近、仕事の帰りに駅前にあるラーメン屋さんの前を通ると、なんだかいつもお客さんが少なく、暇そうにしています。
ときどき、数人のサラリーマンっぽい男の人たちが、テレビを見ながらラーメンを食べていたりすることもあります。
でも、みんな一人で食べにきているような感じで、友だち同士で来ていたり、家族で食べに来ているという感じではありません。
仕事のない週末のお店の様子はよくわからないのですが、いつもの雰囲気からすると、あまりお客さんは多くないのではないでしょうか。
週末に賑わっているようなお店なら、平日の夜でも「空いているからラッキーだな」と、足を運ぶ人がいてもおかしくなさそうです。
このラーメン屋さんは、せっかく駅前の駅から徒歩1分という絶好の立地なのに、閑古鳥が鳴いているのではもったいない気がします。
比較的古くからあるお店で、私が高校生のときなんかは、よく部活の帰りにみんなで立ち寄ってラーメンを食べたものです。
けっこうこってりとした家系ラーメンらしい味で、どちらかというと若い人の方が好きな味なのではないかと思います。
昔はもう少し学生なんかで賑わっていたような気がするのですが、いったいどうしてしまったというのでしょうか。

物語の坂の多い道を進む事についてなどの話をします

主人公たちは、次に坂の多い道のりに、たどりついて、さらにその先を、進むようにします。辺りは、白い雪に、おおわれていて、歩く時に、滑らないようにと、注意しながら、進んでいきます。途中など、吹雪なども、強く出ている状態のエリアなども、あって見通しなども、悪かったりもします。全体が、見えないというわけでは、ないのですが、不便に、変りはなくて、余計に、進みづらくなってしまっています。そういう場面に、直面した場合においては、余計に、速度が、落ちてしまいます。何もあせって先を急ぐほどの、理由なんてないのですが、寒いし、どう考えても長居は、したくない、まっただなかの最中にも、モンスターで、ゴリラのゴリトラールなども、出てきます。登場した瞬間に、ゴホゴホと言っては、その直後に、両手で、胸を、バシバシとたたいてから、ゆっくり迫ってきます。なんかちょっとめんどくさそうな相手だよなとメンバーの中の一人が言います。それに対し、メンバー内で、見ためは、大きくて強そうだけど、じっさいには、あんなの弱いだろと冷めた言葉などもあります。http://www.presto-tek.biz/musee-ryokin.html