海猿のような追及をやる各種チャンネル

18事例くらいから企画されていた、種類放送を見ました。こういう種類放送は、各週のように見ている放送だ。今回は、都内湾に行っていました。最初は、横浜沖のベイブリッジでクイズをしていました。ベイブリッジは、高さが55mあるそうです。どうして、55mなのかをクイズにしていました。巨大な船が52mだったので、55mになったそうです。次は、海猿のスクール作業場へ潜入していました。ボンベを背負った通り、船によじ登っていました。大変そうでした。ジムがありましたが、はやりをもたらすことができるジムでした。前文からはそよ風を出すことができる産物もありました。あとは、手伝いの見聞きをしていました。海猿の背景ですなと思いました。次は、手伝いやる側になって見聞きをしていました。色んなバリアーをよける見聞きをしていました。次は、地上でのスクールをやる場の視聴に行っていました。ロープで降りてきたりしていました。早くて著しいなと思いました。ミュゼ ひげ 脱毛

新聞記事を読んで、北制裁逃れ外貨稼ぎ、石炭輸出東南アに変更、アフリカに武器を提供、国連委・中間報告。

国連安全保障理事会による、対北朝鮮制裁決議の履行状況を監視する北朝鮮制裁委員会の専門家パネルかまとめた中間報告の全容が明らかになった。その制裁逃れを巧みに、と表現しているが何をいまさら調査報告を公表して、わざとらしにもほどがある。専門家パネルによる北朝鮮への制裁決議の履行状況の調査方法も問題があるし、第一に8人で何が出来るのだろうか?。北朝鮮という国を日本もアメリカも韓国も知っているようで本当は何も知らなかったことを痛感する。貧弱な国を強国から守ろうとして虎の威を借りて威張ってみせて、ミサイルとか核兵器を開発して実験をして武器の力で日本や韓国やアメリカを脅かして金や食料を脅し取る強盗団のように思っていた。だが、実態は想像もつかないほど戦略国家であり中国やロシアもコントロールするほどの知恵を持った国であり、そしてその中心にいるのが金一族なのだ。自分は大きな勘違いをしていたように思う。中国・ロシア、そして北朝鮮と国交のある160か国は対日米韓などはどうでもいいのかも知れない。これを放っておくと大変な事になるような気がしてきた。勘違いが勘違いであればよいのだが。脱ラボ カウンセリング 予約

Fuji Green Cupへリベンジする

決まりました!

我々は、7月30太陽、土曜日に静岡県内に起こる、富士スピードウェイでなさる”Fuji Green Cup”という、エコ対戦へ同行することになりました。

Fuji Green Cupとは等級や周回総計、燃費がめいめい局面換算され、その累算局面を戦う、TOYOTA 86とSUBARU BRZのみ加入がOK、エコ対戦の一つです。

去年は連日お世話になっている、勝者レーシングドライバーとの由縁で、愛知県内に起こる有名な自家用車の印章の作りオフィスくんの86で参戦しました。

しかし、申し込み順がスターティンググリッドになると言うこともあり、対戦開催瀬戸際に申し込んだ結果、とっても結果に繋がらずに終わってしまいました。

だから、今季こそはと憧れ、去年は対戦計画メンバーの5者で参戦したゾーンを、今年は親友と2人で、しかも私の自動車で構想を思い切り立てたときの同行。

5間近までが表彰適応とのことですが、拾うはやはり表彰台のどセンターだ。

しかし、対戦までひと月幾分と迫っていますが、いかなるタイヤを履けばいいのか、ガソリンはどのくらい入れてスタートすればいいのか、1周位何分で
走れば燃費が良いのかなど、エコ対戦ならではの症状が様々出てきています。

ただたった時間が速い、等級が嬉しいでは終わらないエコ対戦は、通常の対戦と比べてまったく難しいです。

残りのチャンスで、分からない点などはとれるたけ解決して、対戦に立てるように、近くからの方針をもらいながら、対戦に立てるようにしたいだ。

またグループ歓びが増えたので、日々の必要も踏ん張れそうです。