本年、世界中で極端な暑さに見舞われている

5月々19太陽、エモーション流行の影響により、インド・ラジャスタン州ファローディで日本極めつけの温度51.0度が記録されました。そして、7月々21太陽、クウェート・ミトリーバで、温度54.0度が記録されました。これまでのワールド極めつけ温度は、1913年齢7月々10太陽にアメリカ・デスバレーで記録された56.7度とされていますが、その当時、その近所でそこまで温度が上がっていなかったことから、こういう枚数にはクエスチョンが抱かれている。もしもこういう枚数が否定されたならば、2013年齢にデスバレーで記録された54.0度と並び、ワールド極めつけ温度となるかもしれません。ちなみに、北極圏にいる、アメリカ・アラスカ州デッドホースでも今年7月々13太陽、過去最高となる29.4度まで温度がのぼりました。今年、世界中で過去に例の乏しい暑さを記録しています。
極端に暑い周辺で過ごすことになったとしても、いったい暮らせるのだろうかと思ってしまう。スイスの空気気候ラボに因ると、このまま温暖化が進んでしまうと、2100年齢までに中東の一部分(ペルシャ湾)の住所で方が住めなくなるかもしれないそうです。アメリカの学者もまた、その住所で温度が60度に上る恐れがあるとも予測しているようです。こういった所で生きていくには、様々な対処が必要だと思います。