現実に引き戻されている仕事始めと世間の動き

1月4日、初詣の賽銭開きに仕事始め…。
電車やバスの時刻も平常ダイヤに戻り、本格的に静かな三が日から、賑やかな日常に戻り、現実に引き戻される瞬間を感じさせられますよね。
彼氏とのお泊まりデートが、彼氏の都合でお昼で終わり。これも、寂しい現実に引き戻される瞬間です。
私の方は、年末年始は昼のバイトは普通に頑張っていましたが、夜のバイトは、今夜急遽、出勤しよう!と思い、只今出勤中です。
彼氏とのデートが、早い時間に終わったので、つまらないのもありましたが、元旦に体調異変で早退したので、元旦の名誉を挽回したくて、急遽出勤を決めたのでした。元旦からお店も繁盛しているせいか、今日も、繁盛していて、出勤するや否や、いきなりお仕事が入ってコーヒー一杯飲めないまま、お客様をお迎えして、そのまま接待に出ました。
ひと仕事終わらせてから、軽く食事をして、次のお仕事のお迎えをしながらおやつタイムをしました。
現実に引き戻される今日でしたが、後は、お仕事がまた入るのを待つだけです。

芦田愛菜ちゃんの衝撃的なニュースが届いた

たまたまLINENEWSを開くと
びっくりさせられるような記事があった。

子役の芦田愛菜ちゃんが偏差値70を超える難関私立中学に合格した。それも1日の勉強時間はおよそ12時間というのだからとてもびっくり。
僕が12歳の頃と言えば、マリオにポケモン。スマブラにファイナルファンタジーとゲームばかりやったり、サッカーで遊んだりと勉強の「べ」の字もしてなかったから中学受験する人がすごいなと思ってしまう。

僕の友達にも中学受験を経験した人は数人いるが、塾にも通っていたし、勉強のしすぎでメガネになったりと相当努力したんだろうと思う。当時はなんとかなるだろうと思っていたけど、今こういうニュースを見るとあのとき勉強しとけばよかったとかなり後悔してしまう。

もし僕が、子供を授かるときまだ日本にいたのなら、学歴社会に子供が負けないよう。自分と同じく後から苦労することになる道を歩かせないようしっかりと勉強させたい。子供ができたらこのネタを使って芦田愛菜ちゃんみたいな努力家になってくれるようにしていきたいなって思う。ミュゼ キャンペーン予約