ニュートンのことと引力などについて勉強した

地球について勉学をしました。ニュートンは周期による球の狂いを理論的に勧め、地球は赤道経路にふくらんです形状になることを指し示しました。一方、フランス国内の測量から地球は南北に長いという見方もあり、フランス学士院は1735歳から8通年にわたって南米ペルーとスカンジナビア半島北部のラップランドに観測隊を送り、緯度格差1°に対する子午線の長さを測定しました。その結果、高緯度ほど子午線弧の長さが長いことが行渡り、ニュートンの見方のふさわしいことが認識されました。地球の形状は、楕円を短核心の近くに周期させた周期楕円体躯に近いです。地球の形状は全然球形ですが、赤道経路にわずかにふくらんです周期楕円体躯に近いです。地球上のものには地球の重心に通う誘引(万有引力)と、地球の自転による遠心器量が行ないます。遠心器量は回転するものに働く力で、周期軸に直角外部用に行ないます。重力は、誘引と遠心器量の合力だ。いやに勉強になりました。

電気時間に関する仕打ちについて学んだ

電気パワーについて受講をしました。放出された電子は導線を通って銅板となりへ引越しし、銅板となりでは2個の水素イオンが電子を受け取って水素となります。したがって導線を過ぎる電流のベクトルは、銅板(+極)から亜鉛板(−極)となります。硝酸銀水溶液に銅を来れると、銀イオンが銀原子となって析出し、銅原子が銅イオンになるにつれて液のトーンが青色(銅イオンのトーン)になります(銀と比較してイオン化感触の著しい1個の銅原子が電子を2個あて銅イオンとなり、2個の銀イオンは電子を1個ずつ受け取って銀原子となります。)。水素と酸素の組み合わせによって電気パワーを取り出すことができます。反作用後にとれる物は水のみで、有害な物ができないことから、クリーンなパワー源として期待されていらっしゃる。パワーが移り変わっていらっしゃる。電気パワーに関することを覚えましたが、今までそれほど学んだ主旨の薄いことを知れて良かったなと思いました。