速く片付けてしまえばよかったなぁと、思っているアイテム

近所に頼まれて、冠を貸していたことがある。
「ちょっと記録が上がるだけだから、ぜんぜん気にしないでいいから。」

しかし、そのペーパーの目立ち者は尋常じゃないくらい早かった。
間もなく持ち込まれるペーパー類、売り物カタログも月収生じるものだから、
どれを捨てていいのかもわからないうちに、新売り物のカタログが来てしまうのである。

そのうちに、新売り物のセミナーに出され、収入を練り上げるように言われて。
売り物自体がおっきいのと、月収、何かを買わないとならないというのが、精神的に辛くなってしまったのである。

「収入を立てられるものがありますか?」
そういうメールを月収生じるのも、気が滅入る元凶だった。
その実態が3層ほどたち、友人には「諦めるわ」と言いだし、無理に収入を講じるようなショッピングを講じるのをやめた。
ひたむき、ホッとしたわ。

情緒が落ち着いてきたので、少し前に記録を半ばほど捨ててみた。
すっきりしたけれど、何となく落ち着かない。

そして、きのうになって急に気になりだして、もう半ばを捨ててみたのだ。
ファイルが3冊空いた。

この間、別の業の原因記録を含めるためにファイルブックを買った店頭だった、3冊。
しばし短く片付けていたら、余計に元手を使わなくてよかった。
目下、残りの半ばも捨てられそうな気がしてきた。