物語の坂の多い道を進む事についてなどの話をします

主人公たちは、次に坂の多い道のりに、たどりついて、さらにその先を、進むようにします。辺りは、白い雪に、おおわれていて、歩く時に、滑らないようにと、注意しながら、進んでいきます。途中など、吹雪なども、強く出ている状態のエリアなども、あって見通しなども、悪かったりもします。全体が、見えないというわけでは、ないのですが、不便に、変りはなくて、余計に、進みづらくなってしまっています。そういう場面に、直面した場合においては、余計に、速度が、落ちてしまいます。何もあせって先を急ぐほどの、理由なんてないのですが、寒いし、どう考えても長居は、したくない、まっただなかの最中にも、モンスターで、ゴリラのゴリトラールなども、出てきます。登場した瞬間に、ゴホゴホと言っては、その直後に、両手で、胸を、バシバシとたたいてから、ゆっくり迫ってきます。なんかちょっとめんどくさそうな相手だよなとメンバーの中の一人が言います。それに対し、メンバー内で、見ためは、大きくて強そうだけど、じっさいには、あんなの弱いだろと冷めた言葉などもあります。http://www.presto-tek.biz/musee-ryokin.html